スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<口蹄疫>菅首相、12日に宮崎へ(毎日新聞)

 菅直人首相は11日午前、首相官邸で開いた口蹄疫(こうていえき)対策本部であいさつし、「菅内閣として総力を挙げて取り組んでいく覚悟だ」と強調し、口蹄疫が拡大している宮崎県を12日に訪問する意向を示した。同県では、政府が設置した現地対策本部を訪れるほか、東国原英夫知事と会談する見通し。

 首相はあいさつで「宮崎を訪問し、知事や関係者の苦労をねぎらうと同時に、さらに何かすべき追加的なことがあればお聞きしたい。できうることはすべてする覚悟で臨んでいきたい」と述べた。【倉田陶子】

【関連ニュース】
口蹄疫:菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合
口蹄疫:感染疑い家畜24時間以内に殺処分へ…農相が意向
山田農相:口蹄疫問題「早急に解決」
口蹄疫:日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市
口蹄疫:宮崎県都城市で牛3頭が「疑い」 同市では初

八街強殺放火で男起訴、15歳長女を家裁送致(読売新聞)
露骨性描写含む漫画、都規制条例改正案を否決(読売新聞)
小沢前幹事長、人事に不満ながらも当面様子見?(読売新聞)
上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)
福井・竜脚類恐竜に学名 国内産の化石では4件目(産経新聞)
スポンサーサイト

心揺さぶる「真摯」「切実」 古屋誠一「メモワール.愛の復讐、共に離れて…」(産経新聞)

 ■東京都写真美術館

 オーストリア在住の写真家、古屋誠一(60)の写真展「メモワール.愛の復讐(ふくしゅう)、共に離れて…」が東京・恵比寿の東京都写真美術館で開かれている。1985年に自死した妻、クリスティーネを追悼する個展「メモワール」を開き、その後も写真集や展覧会を重ねて、彼女と無言の対話を続けてきた古屋。その真摯(しんし)で切実な制作活動の軌跡をたどる展示は、見るものの心を激しく揺さぶる。(篠原知存)

 会場を入ってすぐ、1枚目に飾られているのは、クリスティーネの遺影。鑑賞者はいきなり、避けられない死を通告され、「どうしようもなさ」を背負うことになる。

 古屋は1970年代からヨーロッパを拠点に活動してきた。東ベルリンで妻が自ら命を絶ってから4年後に、生前の彼女との生活を主題にした「メモワール」の制作を始めた。

 なぜ妻は病んでしまったのか。2人で過ごした時間は何だったのか…。問いは繰り返され、写真は何度も編み直されてきた。完結することのないその取り組みは、内外で高く評価されている。しかし今年1月、写真家はインタビューにこう答えた。「所詮(しよせん)何も見つかりはしないのだという答えが見つかったのではないかと(思える)」

 本展のタイトルには、そっと「ピリオド」が打たれている。これが最後になるかもしれない、という意思表明だ。

 約130点の作品による展示は、7つのゾーンに分けられていて、長男の名前である「光明(こうみょう)」と題された区画から始まる。一人息子の写真が時系列に並ぶ。妻に抱きかかえられた乳児が、次第に成長してゆく。妻が不在になったあとも…。

 展示を担当した同美術館専門調査員の石田留美子さんは「これまで『メモワール』は、夫婦の物語として理解されてきたように思える。でも長男が成長してゆく姿も印象的。展示は家族の歴史をあらわすものにしたかった」と語る。

 このコーナーに限らず、どの写真を見ても、撮影年が気になる。悲劇の前か、後か。それは仕方がないのだが、「エピファニー(神聖なものの顕現)」と分類されたスナップ写真のシリーズは、少し心を軽くしてくれる。

 画面を静かな気配が占めているのは変わらないが、絶望的ではない。写真家がただ回想の中に立ち尽くしているのではなく、離別を受け止め、進み続けてきたことが実感できるはずだ。「展示が、見る人の背中をそっと押すようなものであればうれしい」と石田さんはいう。

 7月19日まで、一般800円、月休(祝日は開館)。問い合わせはTEL03・3280・0099。

普天間14年移設、ずれ込みも=外相(時事通信)
民主参院に首相退陣要求強まる、小沢氏と再会談へ(読売新聞)
傘 子どもたちの「笑顔の花」70本 花博公園でイベント(毎日新聞)
<陸自>ミサイル誤発射、原因は隊員のミス 群馬・高崎(毎日新聞)
電子足輪も効果なし、性犯罪防止に有効策はあるか(上)

財政健全化の勉強会発足=「非小沢」の玄葉氏ら、115人出席―民主(時事通信)

 民主党の玄葉光一郎衆院財務金融委員長らは26日午後、財政健全化の必要性などを議論する勉強会「国家財政を考える会」を発足させ、国会内で初会合を開いた。小沢一郎幹事長と距離を置く玄葉氏や安住淳衆院安全保障委員長らが中心メンバーとなっているだけに、党内には「非小沢」系議員の拠点になるとの見方もある。
 代表世話人の玄葉氏によると、初会合には115人(代理を除く)が出席。玄葉氏はあいさつで、参院選マニフェスト(政権公約)を念頭に「次の総選挙後には消費税も含めた税の抜本改革を断行する道筋をつけなければならない」と強調。消費税増税明記に慎重な小沢氏との違いを鮮明にした。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

「小沢反抗」への報復? 静岡県連に活動費支給停止(産経新聞)
普天間代替施設、自衛隊との共同使用を検討(読売新聞)
<事業仕分け>宝くじ普及宣伝など28事業検討 後半2日目(毎日新聞)
「夢が…」宝くじ販売停止判定でファン悲しむ(産経新聞)
大麻所持で逮捕、長崎大生か=税関の家宅捜索で発見―県警(時事通信)

交通トラブルめぐり 車で引きずられ男性重傷(産経新聞)

 交通トラブルをめぐって男性を車で引きずり、重傷を負わせたとして、警視庁新宿署は傷害容疑で、東京都杉並区善福寺の不動産会社役員、藤井隼人容疑者(63)を現行犯逮捕した。同署によると、藤井容疑者は「文句を言われ、怖くなって車を発進させた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は16日午後10時20分ごろ、東京都新宿区大久保の路上で、中野区の調理師の男性(36)に車の窓越しに服をつかまれた際、急発進させて男性を転倒させ、頭部をひいて頭蓋骨折(ずがいこつせつ)などを負わせたとしている。

 同署によると、男性は一緒にいた女性と現場でタクシーを降りようとしたが手間取り、後ろの藤井容疑者がクラクションを鳴らすと、藤井容疑者に詰め寄ったという。男性は酒に酔っていた。同署は男性の回復を待ち、暴行容疑で事情を聴く方針。

【関連記事】
警官を車で引きずり逃走 殺人未遂などで捜査 警視庁
高見盛、子供に負けた…おまけにひざ負傷!
女性20m引きずり死なせた職安職員を懲戒免職 大阪
車に巻き込み20メートル引きずる 女性死亡、容疑の男逮捕
取締中に車が急発進…引きずられ巡査長がけが 警視庁が18歳の男を逮捕 
中国が優等生路線に?

<南部アフリカ開発共同体>観光促進で国内業者らと意見交換(毎日新聞)
体力テスト結果、大阪府は市町村別のみ公開(産経新聞)
<小沢幹事長>早ければ一両日中にも事情聴取か 東京地検(毎日新聞)
<沖縄>本土復帰38年 今も米軍施設74%が集中(毎日新聞)
国体「インチキしてでも1位」山口県副知事(読売新聞)

徳之島での「訓練」に柔軟=米が伝達-普天間(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する日米の実務者協議で、米側が、鹿児島県・徳之島への航空部隊の訓練移転を柔軟に検討する姿勢を示していたことが7日、分かった。政府関係者が明らかにした。日本側は訓練移転を実現することで沖縄の基地負担の軽減につなげたい意向。ただ、徳之島側は受け入れに強く反対しており、実現する見通しは立っていない。
 日米の実務者協議は4日、防衛省で開かれた。この中で米側は、鳩山由紀夫首相が検討している最大1000人の海兵隊の航空部隊の移転について「地上部隊との一体運用が困難になる」として難色を示した。その一方で、訓練の移転に関しては、徳之島以外の全国の自衛隊基地への移転と併せて、協議に応じる姿勢を示した。「沖縄の負担軽減」を強調する鳩山首相に配慮したものとみられる。
 しかし、これまでの米軍の訓練移転は、騒音などの負担軽減にほとんどつながっていないとの指摘がある。部隊移転が実現しなければ、沖縄側の失望を招くことになりそうだ。 

【関連ニュース】
鳩山首相元秘書の有罪確定=偽装献金事件
15日にも沖縄再訪問=参院選は現体制で
公約違反認めぬ鳩山首相=「最低でも県外」発言で強弁
鳩山首相「批判は私が受ける」
徳之島3町長に理解求める=鳩山首相

パンク修理の車にトラック、家族3人はねられる(読売新聞)
比ニューハーフ偽装結婚 首謀女に逮捕状、国際手配へ(産経新聞)
<橋下知事>街頭演説で大阪都構想…「市役所と府庁は解体」(毎日新聞)
<ひこにゃん>商標使用は有償に…滋賀・彦根市(毎日新聞)
痴漢1週間で77人摘発、29人は再犯(読売新聞)
main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。