スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災無線アンテナ誤撤去、津波警報聞けず…高知(読売新聞)

 チリ地震による津波が太平洋沿岸で観測された2月28日、津波警報が出されていた高知県東洋町で、県が委託した工事業者が町の防災行政無線のアンテナを誤って撤去し、町が警報や避難勧告などを放送できなかったと、県が4日発表した。

 町民の約9割の約3000人が放送を聞けず、避難所にいた町職員が気づき、町が消防団に依頼し車両で巡回して伝えたという。県は町に謝罪する。

 県によると、業者は2月28日朝、町役場屋上に設置された県の古い無線アンテナを撤去する予定だった。ところが、形状が似ていた町のアンテナが敷地内にあり、取り違えたという。

 同町は、同日午前9時33分に発令された津波警報を受け、同日午後1時~午後7時5分、1900人に避難勧告を出していた。

断層長さ500キロ、8メートルずれる=チリ地震、M8.6と算出-東大地震研(時事通信)
<路面電車>復活を 北九州市議会で勉強会(毎日新聞)
<白浜町長選>再選したが残り任期は19日 また選挙実施へ(毎日新聞)
<線香>ありがたさ倍増? 2ミリの般若心経(毎日新聞)
のぞみトラブル オイル漏れ感知せず(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。